Skip to content

フランチャイズに加盟するメリットとデメリット

商売をする上で、フランチャイズに加盟するという選択肢にはメリットとデメリットがあります。まず、メリットとしてはブランド企業の看板を背負って商売ができるということでしょう。個人で営む店舗と有名な企業名の店舗では集客における期待度が全く違います。その上、商売に必要な機材を用意してくれ、店のレイアウトまで考えてくれます。さらに、今まで培ってきたノウハウが満載のマニュアルが手渡され、手取り足取りの指導までしてくれるのです。まさに、いたせりつくせりですが、当然そこには料金が発生します。それがデメリットの大きな部分ですが、最初に何百万円、場合によっては何千万円という加盟料を本部に支払わなければならないのです。その上、毎年ロイヤリティーを払い続けなければなりません。さらに、フランチャイズ店は全国どこでも同じがもっとーですから、本部からの指導と制約が常にあり、独自の方法で商売を展開することもできないのです。もし、フランチャイズに加盟するかどうかについて悩んでいる場合は、これらのメリットとデメリットをはかりにかけて慎重に検討することをおすすめします。

フランチャイズはオペレーションに専念

個人で事業であったりお店を開店したい場合があります。商店であったり飲食店などがあります。それらにおいては自分なりになにかやりたいと考えていることもあれば、とりあえず脱サラをして自分で経営してみたい考えのことがあります。何らかの考えがあるならそれをもとに店を行っていってもよいでしょうが、特にプランなどがない場合一から行わなくてはいけません。したらいいこともわかりません。フランチャイズでオープンをする時のメリットとしてはオペレーションに専念できるところがあります。提供してくれる会社のほうが色々なマニュアルなどを用意してくれますから、それに従って順番に行っていくだけになります。後は自分なりに行えるところ、マニュアルに従うところを見極めて業務を行っていくだけになります。やることが決まっているので行い易いです。

フランチャイズならオーナーになれる

フランチャイズなら、自らお店を立ち上げるのではなくて、オーナーになることが可能です。自分で立ち上げるお店ではなくて、大本のところがあって、そこで研修をうけて、お店を任せるという具合です。そうすると、自分では資金というのは出さなくても、店長になることができます。そういう風な制度を使うと、自分のお店というのを持つことができるのがいいですね。なかなか自分のお店を持つのは難しいです。企業のそういう制度を利用するというのも一つの手ではないだろうかとは考えられます。こういう制度を活用すると、全くの素人でも店長になれたりするのが面白いところです。お店を任せてもらえるようになるのはいいことです。でも責任も大きくあるので、そこはよく分かってこういう制度は使っていくほうがいいですね。一つのお店を任せられる責任は重大ですからね。

当サイトでは利用者さまの起業や独立の助けとなるような、フランチャイズに関する様々な情報をサイト利用者様に提供してきたという実績があります。 当社では、フランチャイズ比較のポータルサイトの運営を行っており、様々な希望条件をもとにして最適なフランチャイズを見つけることが可能です。 フランチャイズで独立開業を目指すなら「探すフランチャイズ」で検索。