SFA(営業支援システム)を色々な角度から比較!あなたの「知りたい!」がきっと見つかる!是非、一度、参考までにご覧ください!

NICE営業物語

NICE営業物語のSFAによる効率化

NICE営業物語のSFAは企業で利用される情報に関するシステムやソフトウェアの営業活動を支援して効率化が可能です。チームで利用することでメリットが得られます。チーム内でシステムやソフトウェアなどの最新の状況を共有が可能となり、組織としてビジネスの効率化を実現させます。

NICE営業物語のSFAはチーム内で共有するメリットのほかに既存顧客や見込顧客の情報においても簡単に記録や管理ができます。営業活動に関連する情報や過去の商談の履歴、現在進行中の案件の状況などがチーム内で共有が実現できます。

また、営業活動によって入手した大切な情報やアポイントメントやビジネスのスケジュールを一覧に表示させたり、短時間で編集が行えます。これによってNICE営業物語のSFAは組織の活動を効率化したり、サポートすることが可能となります。


Q&A

NICE営業物語を利用してどれくらい勤怠管理の効率化ができますか?

NICE営業物語は営業支援システムのことです。商談状況をリアルタイムで共有することができる優れもので、一般社員から経営層まで一貫した勤怠管理、商談管理ができます。営業情報は人が持っているものであり、あいまいになりがちです。それをちゃんと形にして残し、共有する手助けをするものが必要です。そのためのツールとなるのが営業支援システムです。

今の時代、スマートフォンなどを使って効率よくビジネスを展開するのが当たり前になってきています。NICE営業物語もスマートフォンに対応しているので、会社に帰らなくても外出先で入力して直帰することができます。社員にとっては早く帰れてうれしいし、会社にとっては残業代を減らすことができるのでこれほどいいことはありません。無駄な勤怠時間を減らすことができます。また、入力も簡単にできるようになっているので、面倒だからしたくなくなるという事態も防げます。フォームはその会社の営業形態に合わせて設定変更することもできます。

このシステムは1999年に発売され、大手企業で利用され続けているので歴史があります。その後改良を重ねられて今の形があり、安心して導入することができます。訪問デモはインターネットから申し込みができ、無料体験キャンペーンもやっています。

紙媒体などに印刷を行うことは可能ですか?

営業報告を紙媒体などで印刷できるのはもちろん、スマートフォンやタブレット端末でも報告書作成ができる、そんな夢のような営業支援システムがNICE営業物語です。この営業マネージャーは、営業部全体のスキルの成長を重視したシステムです。

オフィス外に出て仕事をすることが多い営業マン。1日に案件が何件も来たらもう手一杯、ただでさえ忙しいのに報告書も作らないと…。移動時間を報告書作成に使えたら…。そんな営業マン達に選ばれ続けきたのがこのNICE営業物語です。なんとスマートフォン一つで報告書作成から印刷までできるんです。帰社するついでにささっと完成、といったように手早く面倒な作業を仕上げることができ、営業マン達の負担を減らすことができます。またスケジュールをリアルタイムで管理するので作業の効率化もでき、個人個人から部署全体のスキルが向上します。

またその効果の割には、導入がとてもシンプルでラクチン。パソコンが苦手な人でも誰でもすぐに使いこなせるようになるのがこのNICE営業物語のいいところです。さらに自分の使いたいようにカスタマイズできるので、さらなる効率アップが見込めます。これらのことがあってか、利用者満足度は他の営業システムと比べ高い水準を誇っており、日本の名だたる大企業の多数がNICE営業物語を導入しています。選ばれ続けるだけの理由がそこにはあります。